子育てコラム⑥

あいさつってどうしてするの?

具体的な親子の信頼関係を作る講座こちら

息子が中学2年生の時、授業参観の道徳の授業で「あいさつ」について考える時間がありました。

授業では「あいさつ」についての様々な考え方が書かれたプリントが配られ、それを参考にしながら、生徒自身も「あいさつ」について考えます。

 

「あいさつされると嬉しかった」

「近所のおばちゃんがあいさつしてくれて恥ずかしかったけど嬉しかった」

「仲の良い人だけにあいさつすればいいんだよ~」

「あいさつしても無視されたら嫌だからしない」

「そういえば、家族は毎朝おはようって言ってくれるな~」

「男子にあいさつなんて無理」

 

子ども達の意見が新鮮で、「あいさつ」だけでも色んな感じ方があるんだなと思ったの覚えています。

 


改めて考えたい「あいさつ」の意味


親は、子どもが小さな頃から「あいさつしようね!」と、教えてきたと思います。

子どもが元気に「あいさつ」すると親はなんとも誇らしく、恥ずかしがると、親はなんだかヤキモキしたりして。

 そんな「あいさつ」

もしお子さんから

 

「あいさつ」ってどうしてするの?

 

と聞かれれたら、あなたならどう答えますか?

 

「あいさつはするもの」

「されると嬉しいのよ」など

型どおりの言葉を添えるだけなんてことはないでしょうか?

 

もちろんそれも悪くないのですが…ぜひ、これからお伝えするあいさつの効用もおこさんに教えてあげてください。

 


私はあなたの存在を認めていますよ


「あいさつ」の最大の効用は相手の存在を認めていることを表せること。

私はあなたがそこにいることを知っているよ!

気がついているよ!

 

ということを相手に伝えるすごい武器。

 

 いじめで精神的にダメージがあるのは無視

子育てで一番弊害をもたらすのはネグレストだといいます。

 

人は、「あいさつ」されたら嬉しいし、反対に「あいさつ」されないと、存在を否定された気がして悲しくなる。

自分の存在、認めて欲しいですよね。

 

だったら、恥ずかしいなんて言わないで、自分からも「あいさつ」をして、相手の存在を認めてあげなくちゃいけないんでしょうね。

 

人は存在が認められないと、自己実現はおろか、周りへも目が向かないものです。(承認欲求)

「あいさつ」一つで嬉しい気持ちになって、自己実現も近づいていく!

たかが「あいさつ」されど「あいさつ」

 やっぱり「あいさつ」って大切なんです。

 

ぜひ、子どもに「あいさつしなさい!」というよりも、まずは

親から笑顔で子どもに「あいさつ」をして、存在を認めてあげたいものです。

 

私はあなたがそこにいることを知っているよ!

気がついているよ!

 

たかが「あいさつ」されど「あいさつ」

 

お子さんに「あいさつ」の意味を伝える時には参考にしてみて下さい。



執筆者:生駒 章子(いこま しょうこ)
元ガミガミママ。当サイト「親の学校プロジェクト」の代表をやっています。
筆者・プロフィール
講演・執筆・取材の ご依頼

ダメな親なんていない!ただ、やり方を知らないだけ
子供に優しくなりたいすべての人へ
子供に優しくなりたいすべての人へ
お好きな方でご登録ください。月に1~2回程度の発行です。

公式LINE友だち追加で情報を受け取る

メルマガ親の学校通信で情報を受け取る