世界50か国以上に広がる親のためのコミュニケーションプログラム「親業訓練一般講座」申し込み受付中!

お知らせ 子育てコラム

埼玉とさいたま市の不登校の現状、保護者が知りたい行政支援情報まとめ

2022年4月26日

 

子どものSOS子どもが「学校に行きたくない」と言っている。
行き渋りがあり、毎朝「今日は行けた」「今日は行けなかった…」と子どもの動向に一喜一憂してつかれてしまう。

そんな親御さんは多いのではないでしょうか。

令和2年度の全国小中学校の不登校者数は196,127人

学校別でみると、小学校では全児童数の約1%が、中学校では全生徒数の約4%が不登校であり、中学では2クラスに3人ほどの不登校生徒がいることになります。

また、行き渋りの潜在不登校者数はこの10倍といわれていますから、1クラスの三分の一以上が不登校予備軍ともいえるでしょう。


ここでは

文科省が行っている「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」と「学校基本調査」のデータより、筆者が活動の拠点にしている埼玉県とさいたま市の不登校の現状と、行政の取り組みをまとめています。

多くの人に不登校の現状を知ってもらい、子どもの不登校や行き渋りで悩む保護者が早く各種情報にたどり着き安心してお子さんを見守れることを願っています。

埼玉県の長期欠席者数

令和2年度の埼玉県の小中学校に在籍する児童・生徒の長期欠席者数は9,112人。

長期欠席者とは
連続的あるいは断続的に年間 30日以上の欠席のある児童生徒。

※長期欠席者には不登校だけでなく、病気、経済的理由、新型イルスの感染回避などの理由も含まれています。

そのうち、不登校とされた児童・生徒の数は6,458人。

長期欠席者の約7割が不登校です。
埼玉県の長期欠席者の児童・生徒数

埼玉県の小学校の長期欠席者のうちわけ

令和2年度の長期欠席者のうち、埼玉県の小学校(国公私立)の長期欠席者のうちわけをみてみましょう。

在籍児童数:366,426人
※10年前の在籍児童数は390,680人。
全国的に子どもの数が減っているにも関わらず、埼玉県の小学生の数は10年前に比べて多くなっています。

長期欠席者数 病気 経済的理由 不登校 新型コロナ感染回避 その他
5,827人 1,116人 0人 2,630人 906人 1175人


過去10年間の推移がこちら。
【小学校】埼玉県の理由別長期欠席者数

長期欠席者のおける不登校の割合は2.3倍、その他も2倍以上増えているのが分かります。

「その他」とは
上記「病気」,「経済的理由」,「不登校」,「新型コロナウイルスの感染回避」のいずれにも該当しない理由により長期欠席した者。
*「その他」の具体例
ア 保護者の教育に関する考え方,登校についての無理解,家族の介護,家事手伝いなどの家庭の事情
イ 外国での長期滞在,国内・外への旅行
ウ 連絡先が不明
令和2年度「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」より

 

埼玉県の中学校の長期欠席者のうちわけ

次に、埼玉県の中学校(国公私立)の長期欠席者のうちわけがこちら。

在籍生徒数:186,455人

長期欠席者数 病気 経済的理由 不登校 新型コロナ感染回避 その他
9,112人 1,699人 0人 6,458人 346人 609人


過去10年間の推移がこちら。

【中学校】埼玉県の理由別長期欠席者数

生徒数は10年前に比べ1万人ちょっと減っているにも関わらず、不登校数は1.4倍に増えています。

 

さいたま市の長期欠席者数

次に、さいたま市の小中学校に在籍する児童・生徒の長期欠席者数をみてみましょう。

さいたま市の令和2年度における長期欠席者数は2,418人。

うち、不登校とされた児童・生徒の数は1,390人でした。

さいたま市の長期欠席者の児童・生徒数の推移

長期欠席者の6割弱が不登校です。
埼玉県全体の割合と比較すると少なくなっています。

さいたま市の小学校の長期欠席者のうちわけ

令和2年度におけるさいたま市の小学校(国公私立)の長期欠席者のうちわけをみてみましょう。

在籍児童数:68,544人

長期欠席者数 病気 経済的理由 不登校 新型コロナ感染回避 その他
1,017人 158人 0人 469人 148人 242人


過去10年間の推移がこちら。

【小学校】さいたま市の理由別長期欠席者数10年間の推移

さいたま市の中学校の長期欠席者のうちわけ

次に、さいたま市の中学校(国公私立)の長期欠席者のうちわけをみてみましょう。

在籍生徒数:31,286人

長期欠席者数 病気 経済的理由 不登校 新型コロナ感染回避 その他
1401人 289人 0人 921人 62人 129人


過去10年間の推移がこちら。

【中学校】さいたま市の理由別長期欠席者数10年間の推移

さいたま市では不登校数が前年に比べ小学校では増えていますが、中学校では減っています。
ちなみに、埼玉県全体では中学校の不登校は増えています。

また、埼玉県の全児童・生徒数に対しての不登校の割合が1.6%なのに対して、さいたま市の不登校の合は1.4%となっており、さいたま市は埼玉県の中でも不登校が少ない街といえるかもしれません。

しかしながらその差はほんのわずかです。

ポイント

埼玉県では、この10年間で児童・生徒数は減っているにも関わらず不登校の数は増え続けています。

特に、小学生の不登校はここ10年で2.6倍になっており、引き続き不登校に対する地域全体の理解や支援が必要です。

埼玉県、さいたま市の不登校への支援

では、実際に我が子が不登校になった場合の行政の支援どうなっているのでしょうか?

ここでは、埼玉県とさいたま市それぞれの不登校の主な取り組みをご紹介します。

埼玉県教育委員会運営
「子供たちとその保護者のための不登校支援サイト」

埼玉県の教育委員会では2000年8月より「子供たちとその保護者のための不登校支援サイト」を運営しています

子供たちとその保護者のための不登校支援サイト

相談先情報や不登校の理解を深める情報、不登校向けのイベントなどの情報に加え、教育委員会らしく、高校受験に関する情報が行政側の視点から掲載されているのも嬉しいです。

親の会などの情報は多くないですが、埼玉の不登校情報を探しているなら一度は見ておきたいサイトだと思います。

▼こちらのサイトには以下の情報が掲載されています。
※クリックすると「子供たちとその保護者のための不登校支援サイト」の各場所に飛びます。

子供の支援のために(講演資料・講演動画)
不登校の子供とその保護者を支援する民間活動団体・施設
埼玉県の相談窓口
市町村の教育支援センター(適応指導教室)
不登校についての体験談
技能連携校・通信制高校
市町村の相談窓口
不登校に悩む子供などが参加可能な市町村事業
保護者と教員のための不登校セミナー
令和4年度埼玉県高等学校 入学者選抜(不登校の生徒などを対象とした選抜)
高校生活相談会

さいたま市教育委員会運営
「不登校等児童生徒支援センター(通称:Growth)」

さいたま市では2022年4月、不登校を含む長期欠席者の支援のために「不登校等児童生徒支援センター(通称:Growth)」を設置しました。

「不登校等児童生徒支援センター(通称:Growth)」は、不登校や病気等で長期欠席をしている児童生徒が、オンライン学習等のICTを活用した学習支援活動等を通して、学ぶ喜びや人とのつながりを実感し、社会的に自立していくことを目的としています。
※さいたま市HP,不登校等児童生徒支援センター(通称:Growth)の紹介より

さいたま市が開設しているので、対象はさいたま市立小学校・中学校・高等学校・中等教育学校に在籍している児童生徒が対象となります。

支援内容は、学校から配付されている1人1台端末を使った様々な学習を通じて、児童生徒が、人や居場所と「つながり」、仲間や楽しさ、自分自身の大切さを「見つけ」、自分のペースで「学び」、自ら「歩き出す」ことができるよう支援をしていくそうです。

<プログラム 例>
・オンラインホームルーム
・オンライン体験学習・運動
・オンライン授業

 

【オンライン説明会】 
今年始まったばかりのGrowthですが、はオンラインにて説明会を開催しています。

申し込みは動画の最後に出てくるQRコードから受付けています。


 

【Growthについての連絡先】
教育委員会事務局/学校教育部/総合教育相談室
電話番号:048-711-5495 ファックス:048-711-5672

【さいたま市で相談する】

さいたま市では、以下6か所の教育相談室で不登校を含む、学校生活に関わる不安や悩みについての相談を受け付けています。

北教育相談室(さいたま市立つばさ小学校体育館2階)
電話番号:048-661-0050
住所:さいたま市北区日進町2-1915-1

堀崎教育相談室(さいたま市職員研修センター内)
電話番号:048-688-1414
住所:さいたま市見沼区堀崎町48-1

あいぱれっと教育相談室(さいたま市子ども家庭総合センター内)
電話番号:048-711-5433
住所:さいたま市浦和区上木崎4-4-10

岸町教育相談室(さいたま市立教育研究所内)
電話番号:048-838-8686
住所:さいたま市浦和区岸町6-13-15

美園教育相談室(美園コミュニティセンター内)
電話番号:048-711-7215
住所:さいたま市緑区美園4-19-1

岩槻教育相談室(ワッツ東館4階)
電話番号:048-790-0227
住所:さいたま市岩槻区本町3-2-5

■教育相談室の詳しい場所や連絡先はこちらからもご覧いただけます。

さいたま市教育委員会発行の「教育相談のご案内」


以上、埼玉の不登校の現状と行政での支援情報お伝えしました。

子どもの不登校や行き渋りで悩む保護者の皆さまが早く各種情報にたどり着き、安心してお子さんを見守れることを願っています。

不登校や行き渋りの子どもへの接し方に困っていませんか?

「子どもに話を聞いてくれないと言われる」
「親が変わるって具体的にどうすればいいの?」

親の学校プロジェクトでは、アメリカの臨床心理学者トマス・ゴードン博士が創始した子どもへの具体的な接し方を学ぶ親業講座を埼玉で開催しています。

イライラする親


接し方に迷ったら、「親業講座」で親子の信頼関係の作り方の具体的な方法を手に入れてください。

-お知らせ, 子育てコラム