受講生さんの感想<親業訓練 一般講座>

 

親業って完璧な親を作るものじゃない

子どもをあなたの思い通りに変えることでもない

 

「じゃあ、親業って何?」

「講座を受けるとどうなるの?」

 

それは、受講された方の感想が物語っています。

この中から、あなたのなりたい自分が見つかったら、一般講座でお待ちしています。



私の育児は変わりました

 

仁科  友香さん(仮名) (受講時のお子さんの年齢:2歳)

 

■生駒先生
講座の感想を送ります。長くて申し訳ありません。

自分の赤ちゃん、全てを受け入れて愛さなきゃ、泣いてたら抱きあげて、ママはいつもそばにいるよ・・・
子供が生まれてからずっとそんな事を心掛けて過ごしていました。
2歳の頃、限界だったんだと思います。
娘を抱っこ紐で抱え散歩しながら悔し涙を流してもう嫌!もう嫌!と言っていた自分がいました。
娘はそんな私を心配そうに見つめていたと思います。

そんな時、先生の親業の広告を見つけて、試しに本を読んでみた事で、私の育児は変わりました。

親業の本を沢山読み、講座は受けなくてもいいかなと思ったりもしたのですが、わからない、インストラクターの先生に聞きたい!という事があったり、イライラして以前の自分に戻ってしまう事が多々あって、やはり講座を受けたい!と申込みました。

実際講座で学んだ事はたくさんありました。

非難がましくなく行動をみること、
共感は同意ではないということ、
「私はーしたい」という私メッセージもあること、
私メッセージで伝えた後は聞くこと、
過去は忘れて今目の前をみること、
自分の価値観を伝える時はよくよく考えること、
内外一致が信頼関係を築く上で大事なこと、

講座を受けなければ親業を理解したつもりで誤解したままでした。
そう考えると怖いです。
まだまだ「知っているけど出来ない」と「意識すると出来る」を行き来している状態ですが、このまま親業を心掛けて生活していこうと思っています。

娘との関係をどうにかしたい!と思って始めた親業でしたが、講座を終えてみると
今は自分が変わりたい!自分を理解するところから始めよう。
と気持ちが変わっていました。

最近悩ましいのは、問題なしでもすごく気を遣って親業を意識している事、旦那に宗教っぽいと言われ(先生の旦那さんもおっしゃってましたよね)嫌がられることです。
ゴードン博士の実地調査に基づく親業に惚れているのでその良さを旦那にも分かって欲しいですが、今はまだ自分がなぜ親業が好きなのかを説明するのも難しくて。
いつか親業の魅力をたくさん語れるようになりたいです。

先生はよく「私は親業バカなので」と言っていたのがとても印象的でした。
それだけ親業を突き詰めてるインストラクターの先生から学べて幸運でした。
全8回、ありがとうございました!!!
また、補講を楽しみにしています。