受講生さんの感想<親業訓練 一般講座>

 

親業って完璧な親を作るものじゃない

子どもをあなたの思い通りに変えることでもない

 

「じゃあ、親業って何?」

「講座を受けるとどうなるの?」

 

それは、受講された方の感想が物語っています。

この中から、あなたのなりたい自分が見つかったら、一般講座でお待ちしています。



知っていると知らないとでは別人、それが親業です

 

澤辺 まりさん(仮名)中学校教諭 (受講時のお子さんの年齢:6歳・1歳のママ

 

■全24時間の講座でしたがあっという間でした。

一回終わると、すぐに次回が楽しみになりました。

 

親業には人生の指針を与えてもらいました。

相手の心と自分の心にアクセスし、それを表現することで親密なコミュニケーションが可能になると教えてもらいました。

講座修了時に言われた「ここがスタートです。」という生駒先生の言葉が、良い意味で重いです。

 

  職場(中学校)で教室に入れない生徒に能動的な聞き方を用いて会話してみました。

他の職員に「教室へ行こうよ、○○さんも入れたから大丈夫だよ」と言われてふさぎこんでいましたが、私が「今日は、教室には行きたくない気分なんだね。」と言った瞬間、ぱっと目が輝き、いろいろな話が数珠つなぎになって出てきました。

 

たった一言の声掛けで心が開いたのが分かり、感動しました。 

 

たくさんの人が親業を知り、人生を豊かにできることを願います。 知っていると知らないとでは別人、それが親業です。

 

 


長男と私の関係が確実によいものになってきた

 

後藤 沙耶香さん(仮名)育休中 (受講時のお子さんの年齢:5歳、5ヶ月

 

■全8回を終えての感想は、回を進めるごとに、学んだことを実践すると、子どもの素直な反応が返ってきたり、「そこが気になっていたのね!」と、心の中の本当の部分に触れられたり、わたしメッセージを伝えることで、母親のわたしの気持ちを5歳ながらに理解してくれたり、第3法もメモしながら試してみると、なんだか楽しそうに一緒に参加してくれたり、長男と私の関係が確実によいものになってきたと実感しております。


まだまだ私も未熟で、行動の四角形に捉えても、ついつい口をついてお決まりの12の型を言ってしまうことも多いのですが、先生が言ってくださったように、ピンチはチャンスと捉え、せっかく知ったこの手法をたくさん意識して、使い続けて、親と子でたくさん話して、たくさん聞いて、よい親子関係を子どもと一緒に築いていきたい!と、子供たちの寝顔を見ながら今、また改めて思っております。

本当に、このタイミングで生駒先生の親業に参加出来て本当に本当によかったと心から思います!!
ロープレも楽しかったです♪♪
ありがとうございました!!

 

 


自分を責めることが減った!これは自分にとってかなりの収穫

 

宮本 萌香さん(仮名) (受講時のお子さんの年齢:4歳、2歳、0歳

 

生駒先生
親業一般講座ありがとうございました。
遅くなりましたが感想を送らせていただきます。

親業を受けるきっかけとなった、娘(4才、年少)。
そのときの私は娘との隙間がこのまま一生埋まらず離れていくのではないかと絶望的でした(ちょっと大袈裟?でもその時はそう感じてました(^^;)。

今は娘が愛しく、ひとりの人と人として素直な自分を出して関われるようになってきた気がします。
たまに親の権力をふるってしまうときがあるけどそれに気づいたときすぐ謝れるようになりました。
そうすると娘も「いいよ」と言ってくれてほっとします。

それと、今いちばん感じているのは、自分を責めることが減ったなーということです。
これは自分にとってかなりの収穫です。
今まで何となく毎日ブルー、いつまでもズルズル引きずる、時には昔のことを引っ張り出してきて勝手に凹む、というのが私でしたが、今は行動の四角形の窓を見ているもう一人の自分に
「あー、私ってこれ非受容なのね~」
と声かけてもらって自分を認めてもらってます(笑)。

親業、そして生駒先生との出会いは私にとってとても大きい人生のイベントだったと思います。
親業を受けるきっかけになってくれた娘にもとても感謝です。

まだ親業を深めたいと思っていますのでパート2講座もぜひ受講したいです。

ありがとうございました‼