プロフィール

元ガミガミママで今は親教育の専門家

生駒 章子(いこま しょうこ)

親の学校プロジェクト・主宰

ファイミリータイズ・代表



2011年より、臨床心理学者トマス・ゴードンが創始した「親業」(親教育プログラム)のインストラクターとして、子どもとより良い関係が作りたいと望む保護者・子育て支援者を対象に、講座、ワークショップを提供しています。毎月行なっているワークショップは85回以上に及び、誰でも気軽に参加できるよう毎月開催。

活動の中心となる講座、ワークショップを合わせ、年間120名以上の方に直接合い、講演会では300名以上、イベントでお会いした数を入れると、年間で500人以上の方々に良い親子関係の作り方のヒントをお伝えしています。

私生活では、子どものPTA活動や少年団活動、読み聞かせボランティアなど、今しか出来ない子どもを通じた地域との関わり方を大切にしています。

【生年月日】 1970年1月24日

【住んでいるところ】埼玉県さいたま市

【家族構成】建築関係で働く雑学王の夫、青春を謳歌する19歳の息子、バスケが得意でオタ芸が趣味の中学生の娘の4人家族。

【資格等】

親業訓練インストラクター/(株)ワーク・ライフバランス上級認定コンサルタント/姿勢教育指導士

ELM(アドラー勇気づけリーダー)/こども支援士/埼玉県家庭教育アドバイザー/さいたま市親の学習ファシリテーター/(森田ゆり)気持ちのワークショップファシリテーター/ 証券外務員資格

【地域での活動】

埼玉県青少年健全育成審議委員/「こども大学SAITAMA」副実行委員長

一般社団法人さいたまキャリア教育センター元理事



自己紹介

現在は親教育の専門家として活動している私ですが、その昔、口うるさい不機嫌なママでした。

この状況を変えたくて、ありとあらゆる育児書を読みあさり、この悩みを解決してくれる情報を求めて毎日のようにネットサーフィンもしました。

それでも状況は変わらず、むしろ更に悪化。

「子どもを虐待してしまう人の気持ちが分かる…」

とにかく助けを求めていました。もうこのまま我慢するしかないのだ…そう思ったとき、偶然<親業>に出会い目からウロコ…

私はやり方を知らないだけなのだ、やり方さえ訓練すれば、子どもとの関係をやり直せるのだ。

これが最後のチャンス。自分のやり方を変えよう!

そう心に堅く決めて「ママは親業を学んで変わる!あなたといい関係が作りたい」そう息子に宣言して実践しはじめました。

それを境に、私の育児本の放浪のたびが終わりました。

 

あれから10年、今は「不機嫌な子育て」「子育てのリバウンド」「我慢の子育て」を克服し、インストラクターとして、あの頃の自分と同じ思いの方々に寄り添っている。

今だから自信を持って言えること。

 

「自分のやり方を変える決意とほんのちょっとの努力で、
子どもとの関係はいつからでもやり直せる」

「その努力は、あなたの生き方を楽にする」

 

「あなたは自分の子どもを愛していますか?」

もし、即答できないとしたら…ぜひ、あなたの愛が愛として伝わるコミュニケーション

「親業」を学んでみませんか?

 

さらに詳しい自己紹介です