親業講座で学ぶこと・効果


アメリカの臨床心理学者トマス・ゴードン博士が創始した親のためののコミュニケーションプログラム「親業」

 

ここでは、親業で学ぶ内容の概要や効果をお伝えしていきます。

親業訓練では…
子どもが自分のことは自分で出来て、社会生活の中で他人の立場を理解し、受け入れることのできる柔軟な心をもった人間に育てていくことを大切にしています。

それには、親子の間に心の架け橋(信頼関係)をきずき、子どもの心を安定させてあげることが近道です。

親と子の心の架け橋(信頼関係)の作り方


講座では、親と子の心の架け橋(信頼関係)をつくるために、以下の<3つの柱>を中心に相互コミュニケーションの理論とスキルを体系的に学び、練習し身につけていきます。


親業訓練講座<3つの柱>


1.聞くこと
(能動的な聞き方)

▶子どもが何か問題を持って悩んで いるとき、その問題をどうするかを決めるのは子ども自身。
そんな時、親が話を聞くことで、子どもが自分自身で考え解決出来るよう手助けする聞き方。

 2.話すこと

(わたしメッセージ)

▶親が子どものやっていることで何か問題を抱えているとき、その問題をどうするかを決めるのは親自身。
そんな時、子どもを非難せず、かつ親の気持ちや考え方を率直に伝える話し方。

3.対立を解く
(勝負なし法)

▶子どもの欲求と親の気持ちがそのままでは折り合わないような場合、どちらか一方が自分の意見を押し付けるのではなく、お互いが納得する解決策を一緒に探していく方法。


だれの問題?あなたの心を見える化する



 この三つの柱に加え、あなたの気持ちを見える化し整理して、「誰が問題を持っているのか」を決める「行動の四角形」を学びます。

 

この「行動の四角形」を学ぶことにより、三つの柱のスキルをいつ、どんな風に使うことが効果的なのかを知る事ができます。

 

講座では、「行動の四角形」であなたの気持ちを整理しながら、ロールプレイを通じた体験学習により、三つの柱を日常で使えるよう訓練(練習)します。


 講座のやり方

★親業訓練の概念や内容を、頭で理解するだけでなく、実際に声に出して練習するなど、体験学習を重視しています。各々が親と子どもの役を受け持ち(ロールプレイ)、お互いの気持ちを実感したり、グループディスカッションでより理解を深めていきます。

親業訓練の実践で得られること・効果


 <3つの柱>を実践することで

子どもが心を開いて自分の気持ちを素直に出してくれるようになる
親も自由なありのままの気持ちで子どもに接することができる。
日常生活の中で自然な思いやりと愛情に満ちた親子の対話、対応ができるようになる。
すべての人間関係に応用できるため、人間関係で今まで上手くいかなかった原因が分かり、夫婦関係や周りの人との関係が良くなる。
心の通い合う温かい親子関係が、子どもの自尊心を高めていく。
子どもの自己肯定感を高め、自立を促していく。
親も一人の人間として自分を見つめるため、自己肯定感が高まり、自己成長できる。

 

これらの効果は、家庭内暴力、不登校、子どもの自殺といった極端な問題を防ぎ、健全な家庭をきずくための体力づくり、家庭崩壊の予防医療の役割も果たしていきます。

 

そして、親業での学びを通じ、親自身も「親だから」というマスから抜け出し、一人の人間として、子どもと共に成長し、生きていくことが出来るのです。