いい親子関係は信頼で繋がっている


「いい親子関係」ってどんなものでしょうか?

我慢と忍耐で作られた優しさの上に成り立つものでしょうか?

叱らない、怒鳴らない、波風の立たない関係でしょうか?

 

いいえ、親だって人間です。

我慢できないこともある、優しくなれないときもある。

わかっっちゃいるけど自分の感情を抑えきれないときもある。

つまらないことでケンカしちゃうときもある。

 

「にんげんだもの」

トマス・ゴードン博士は「対立は人間関係の真実の瞬間である、対立が何度起こるかではなく、対立をどう解いたかでその後の人間関係が大きく変わる」と言っています。

 

嫌なやつだと思っていたけど、ぶつかり合ったからこそ本音が言えて仲良くなる!なんてこともあるのではないでしょうか。

 

言い換えれば、この親だったら言っても分かってくれる。この子だったら私のことを分かってくれる。そう思える関係が「いい親子関係」であるといえます。

この人だったら私を分かってくれる。

そう思えるために必要なのが「信頼」です。信頼するのに年齢も性別も関係ありません。

そして、信頼し合える関係になるためには、どんなに小さな子どもでも、一人の個性ある一人の人と認め、なおかつ、子どもにも、親も人間なんだと分かってもらうことから始まります。

 

お互いが人間として認め合えたところに「信頼」が生まれます。

多くの親が、この「信頼」の薄いところに「こうあるべき」と主張することで、子どもとの対立が起こっています。

子どもに何かさせようとするよりも、「信頼」を作ることで、子どもは親の言葉に耳を傾けようとするものです。親は人生の先輩です。子どもが損な生き方をしないよう、伝えたいことがたくさんあるのではないでしょうか?思いやり、生き方、感じ方、しつけ、社会常識、友達、夫婦、子育て、性の問題、政治。 

それらが上手く伝わるためには「信頼」を築くことが不可欠です。

そして、親子の間で作られた信頼は

子どもにとって、根拠のない大きな自信になります。

「良い親にならなくてもいいんです」

やり方を学ぶ事です。

 

子どもとの「信頼」を作るコミュニケーションの方法と、子どもから「親も一人の人間なんだ」と分かってもらう自分育ての方法を。