2/17(月)、さいたま市西浦和小学校の学校保健委員会での姿勢講演でした

親業ブログ

西浦和小学校は娘のミニバスの試合で何度か行った事のある場所。
最後に行ったのは今中3の娘が6年生の時なので3年ぶり。

こうして再び来られ大変光栄でした。

 



今回の参加者は先生方と保護者の皆さま。
そして、なんとーー!
講演時間が1時間10分ほどいただけたんです!

ここ最近は講演時間が平均して40分くらいだったでしょうか…(授業だと実質35分とか!)

そうなると、あれもこれも削ってそこは早口で~と、結構忙しかったりするのですが、1時間以上いただけると色んな話も出来るし、何より理想的な姿勢の演習時間がたっぷりとれるのがいいんです!

おかげで、今回はキャトレッチ(ストレッチ)も全員で出来たし、理想的な姿勢のグループ演習もたっぷり時間を割くことが出来ました。

グループ演習ではいくつかのグループを回らせていただいて実際に姿勢を見せていただきましたよ~
言葉のキャッチボールをしながらの演習はとっても楽しかったです。



そうそう、「立腰(りつよう)」という言葉を知っていますか?

本日の西浦和小学校、そして先日の西北小学校でも「立腰」という言葉が校長先生から出てきました。

この「立腰」、哲学者・教育学者である森信三氏が提唱した腰骨をいつも立てることで集中力・持続力の根本を育てるメソッドのことなんです。
また、単に姿勢を正すだけではなく、子供たちがこれから生きる上で大切な心と体に「柱」を立てる!ということも目的として提唱されているそうです。

今、教育現場ではこの「立腰教育」が見直されつつあるなと実感しています。

私の提供している姿勢講演も、楽しみながらこの「立腰教育」の一助になればと思っています。

さ~て、次に西浦和小学校に行けるのはいつになるかな^^

 

そして、明日は川口市立戸塚北小学校に「立腰」行きますよ~♪

 

■子育ての講演・執筆 PTA の家庭教育学級、サークルでの講演・ワークショップを行なっています
費用等は相談に応じます。 まずはご相談ください。

★メルマガ「親の学校通信♪」を発行しています。
講座情報を漏らさずチェック!子育てコラムもあります。
>>登録はこちらから  


★LINEでも情報を発信しています。
親の学校プロジェクト公式LINE
友だち追加


 

 ➽お知らせ&活動報告をもっとみる