親業豆知識

親業の創始者トマス・ゴードン博士


「親業」の創始者はアメリカの臨床心理学者のトマス・ゴードン博士(1918~2002)です。
 来談者中心療法の第一人者カールロジャース博士 (1902~1987)のカウンセリング理論の後継者の一人。シカゴ大学で博士号を取得。同大学で5年間教鞭をとった後、カリフォルニア州心理学会会長をつとめるなど、臨床心理学者として研究と仕事をしながら、1962年「親業訓練(PET)」を開始。

1970年に開催された「子どもに関するホワイトハウス会議」にはコンサルタントとして出席。
1997年、1998年、1999年には、平和な人間づくりのための効果的なコミュニケーション(対立解決法)についての功績が認められ、3年連続ノーベル平和賞ノミネート。
1999年には、心理学を一般に広く普及させたことを認められ、米国心理学財団ゴールド・メダル・アワード受賞。 2000年にはカリフォルニア心理学協会ライフタイム・アチーブメント・アワード受賞。
お亡くなりになる2年前には親業訓練協会の20周年記念事業のために来日されています。