元ガミガミママの親業インストラクターの子育てブログ 子供の話が聞けない人

話を聞いてもらうと子供の中にどんな変化を起こすのか


子育てコラム⑯

あなたの子育てに、きっと役立つ子育てコラム

親子の信頼関係の作り方親業訓練 一般講座こちら

講演やワークショップで多くの親御さんと接する中で、子どもの話を聞こうとする親御さんが増えたな~と感じます。

素晴らしい事です!

先ずは上手に聞けなくてもは問題ありませんからね!

聞こうとする姿勢さえあれば、やり方を学び練習していくことで誰でも子どもの話を聞けるようになるんですから^^

 

ただその反面…

聞こうとする気持ちはあるのに…

頑張れば頑張るほど聞けなくなってしまう人もいます。

 

子供の話を聞けない人の勘違い2つ

聞かなきゃーー!と頑張っているのに聞けない人は以下のような勘違いが多いと感じます。

勘違い①子どもの話を聞くことは「我慢」だと思っている。

  • 最初は聞いてたんですけど我慢の限界です!
  • 我慢して聞くにはどうしたらいいんですか?

そんな言葉を聞くことが多いです。

勘違い②子どもの話を聞くと「子どもが親の言うことを聞くようになる」と勘違いしている。

聞いてるのに…

  • この子ちっとも変わらい…

聞いてるのに…

  • 何もしゃべらない…
  • こちらの質問に答えない…
  • 言い訳ばかりに聞こえる…
  • 全然分かってない!!

 あっ…私…という人もいるかもしれませんが…

頑張っても聞けない人の多くは…

 

子どもの話を聞くことは、大切にされていると感じ、自己肯定感を高めるの!
とにかく子どもの話を聞くことは良い事なのよ!

 

 

とは分っています。

とにかく良いことは分かってるんだけど…出来ない…

残念ながら、聞くことの主役が子どもではなく自分自身になっているようです。

 

子供の話を今より聞けるようになりたいなら!

  • 話を聞いてもらうと子どもの中で何が起こるのか 
  • それが、子どもにどんな変化をもたらすのか

この辺りを知っておくと、話を聞く事を「我慢」だと感じたり「親の言うことを聞くようにするため」と勘違いしていた人にとっては、子どもが主役で話を聞きやすくなります。

 

 

話を聞いてもらうと子どもの中で何が起こるのか

子供が困ったり悩んだりしている時、頭の中はモヤモヤがいっぱい

子どもが話を聞いてもらいたい時というのは、悩んだり、落ち込だり、不安になったり、さびしかったりくやしかったり…

何だか分からないけどイライラしたり…そんな大小色んなモヤモヤがある時です。 

 

頭の中のモヤモヤを言葉や態度で外にあらわす

親は、往々にして子どものモヤモヤを解決してあげたくなっちゃうんです。

良かれと思ってアドバイスしたり質問したり教えてあげたり…

〈参考〉「お決まりの12の型」を知っていますか?

 

でもそれって、子どもにとっては聞いてもらった気がしないことも多いです。

親は「聞いてるから言ってるんでしょ…」と思うかもしれませんが…

 

子どもにとっての「聞いてもらえた」というのは、「モヤモヤを含めた今の自分」を分かってもらえたと感じる時です。

 

悩みを抱えたそのままの自分を分かって欲しいのに…

親が良かれと思ってするアドバイスや質問などの「親の意見」は、子どもの問題を解決するどころか、今の自分ではダメなんだと子どもに感じさせ、余計なモヤモヤを増やす結果になりかねません。

話を聞かない親だと…子供のモヤモヤを増やすことに

一方「モヤモヤを含めた今の自分」を分かってもらえると…

子どもの思考は整理され、自分の悩みを自分で眺められるようになるといいます。

子供の話を聞くことの効用

聞いてもらえるから失敗から学べる

 自分の悩みを客観的に眺められると、そこから考えが深まったり発展したり、悩んでいたことの解決策を自分で考えるようにもなります。

 

もし、その解決策が上手くいかなくても、自分で考えた解決策なので、責任を人に転嫁することなく引き受け、失敗から学ぶことも多くなります。

 

子どもの話を聞かずに親の意見ばかり募っていると、自分で考えない子を育て、子どもの責任をも奪うことになかねませんよ。

自分で考える→たとえ失敗してもそこから学ぶ

この繰り返しで自己肯定感が高まっていくわけです。

子ども達が成長する過程をぜひ見守っていきたいですね

 

主役は子ども。

親は子どもの思考の整理のお手伝い。

 

もちろん、もっと聞けるようになりたい!と思ったら一般講座にお越しください^^

 

「話を聞いてもらうと子供の中にどんな変化を起こすのか」をお伝えしました。

 

 今度、子どもの話を聞くときには参考にしてみてください。

このコラムを書いた人
生駒 章子(いこま しょうこ)
元ガミガミママ。今は親業訓練のインストラクターで当サイト「親の学校プロジェクト」の代表をやっています。これはインストラクターになってまだ2年目くらいの時の写真。写真に写っている娘は中学3年生になりました。何年前の写真使ってるんだよーって(笑)

筆者・プロフィールはこちら
講演・執筆・取材のご依頼についてはこちら

その他の人気コラムを読む








怒ってばかりの自分が嫌!
親子の具体的なコミュニケーションを学ぶ講座を提供しています。

子どもへの接し方を変えたい!
でも、どうすればいいんだろう…頑張っても上手くいかない…そんなママ・パパには目からウロコの講座です。。
 臨床心理学者トマス・ゴードン博士の親業