子育てコラム⑯

話を聞いてもらうと子供の中にどんな変化を起こすのか

具体的な親子の信頼関係を作る講座こちら

子供の話を聞いてあげたいのに…

講演やワークショップで多くの親御さんと接する中で、子どもの話を聞こうとする親御さんが増えたな~と感じます。

素晴らしい事です!

 

先ずは上手に聞けなくてもは問題ありませんからね!

聞こうとする姿勢さえあれば、やり方を学び練習していくことで誰でも子どもの話を聞けるようになるんですから^^

 

ただその反面…

聞こうとする気持ちはあるのに…

頑張れば頑張るほど聞けなくなってしまう人もいます。

 



子供の話を聞けない人の勘違い2つ

聞かなきゃーー!と頑張っているのに聞けない人は以下のような勘違いが多いと感じます。


子どもの話を聞くことは

「我慢」だと思っている。

最初は聞いてたんですけど我慢の限界です!

我慢して聞くにはどうしたらいいんですか?

 

そんな言葉を聞くことが多いです。

 

②子どもの話を聞くと

「親の言うことを聞くようになる」と思っている。

聞いてるのに…

何もしゃべらない…

こちらの質問に答えない…

言い訳ばかりに聞こえる…

全然分かってない!!

 

聞いてるのに…

この子ちっとも変わらない! 

 



2つの勘違いの共通点


●聞く事の大切さは知っている

愛情深く、子どもの話を聞くことがどれだけ大切かを知っています。

自己肯定感を高め、自主性や主体性につながることを知っています。

でも…出来ない…聞けない…

むしろ、分かっているからこそ、聞けない自分によりダメダメ感を感じてしまいがち。

●「主役」が「自分」になっている

聞くことの主役が「子ども」ではなく「自分自身」になっているようです。

 

「聞いてあげてる」という感覚はありませんか?

 

「聞くこと」で、親の思う方向に子どもの考えを進めようとしていませんか?

 

そんなことないと思うけど…上手く聞けない…

 

という人もいるかもしれませんが、上記のことは無意識にしていることも多いです。

今より「子どもが主役」で聞けるために

もし、今より子供の話を聞けるようになりたい!と思ったら

話を聞いてもらうと子どもの中で何が起こるのか

それが、子どもにどんな変化をもたらすのか

 

この辺りを知っておくと、話を聞く事を「我慢」だと感じたり「親の言うことを聞くようにするため」と勘違いしていた人にとっては、子どもが主役で話を聞きやすくなりますよ。



話を聞いてもらうと子どもの中で何が起こるのか


ここからは、子どもの頭の中でどんな変化が起こるのかをみていきます。

子供が困ったり悩んだりしている時、頭の中はモヤモヤがいっぱい

子どもが話を聞いてもらいたい時というのは、悩んだり、落ち込だり、不安になったり、さびしかったりくやしかったり…

何だか分からないけどイライラしたり…そんな大小色んなモヤモヤがある時です。 

 

頭の中のモヤモヤを言葉や態度で外にあらわす

そのモヤモヤを言葉や態度で外に表していくわけですが…

この時、多くの親がアドバイス評価、質問、提案などで子どもの問題を解決しようと声をかけます。



聞いてるつもりがモヤモヤを増やしている!


それで子どもが納得すればいいのですが、多くの場合、口答えをする、いい訳をする、黙る、泣くなど、親にとっては「折角聞いてるのに…」とイライラさせられることも多いもの。

 

当のモヤモヤを抱えた子どもにとっても、聞いてもらった気がしないことがほとんどです

(※逆効果になる言葉がけについてはこちら「お決まりの12の型を知っていますか?」

 

 悩みを抱えたそのままの自分を分かって欲しい!のに…

話を聞かない親だと…子供のモヤモヤを増やすことに

親が良かれと思ってするアドバイスや質問などの「親の意見」が、子どもの問題を解決するどころか…

 

 今の自分ではダメなんだと子どもに感じさせ、余計なモヤモヤを増やしているんです


子どもが「聞いてもらえた」と感じる時


一昔前、男脳・女脳という言葉が流行ったのを覚えていますか?

 簡単に言うと、男脳は解決を求め、女脳は共感を求めるというもの。

 

もし、これを親子に当てはめてみると、親脳は解決を求め、子脳は共感を求めるという感じでしょうか。

 

そう、親は子どものモヤモヤを解決してあげたくなる。 

でも、子どもは共感して欲しい、聞いて欲しい!

 

子どもにとって「聞いてもらえた」と感じる時とは、「モヤモヤを含めた今の自分」を分かってもらえた時なんです。

 


「話をきいてもらった子ども」はどうなるか


一方「モヤモヤを含めた今の自分」を分かってもらえると…

 

子どもの思考は整理され、自分の悩みを自分で眺められるようになるといいます。

 

自分の悩みを客観的に眺められると…

 

そこから考えが深まったり発展したり、悩んでいたことの解決策を自分で考えるようにもなります。

 

子供の話を聞くことの効用

※ちなみに、ここで言う解決策は親が願う建設的なものばかりではなく「する」「しない」など、親からすると何も前進しないと感じるものもあるでしょう。

 

もし、その解決策が上手くいかなくても…

 

自分で考えた解決策なので、責任を人に転嫁することなく引き受け、失敗から学ぶことも多くなります。

 

聞いてもらえる→自分で「考える」→自分で「決める」→たとえ失敗しても「聞いてもらえる」→そこから「学ぶ」

 

この繰り返しが子どもの自己肯定感を高め、上手くいかないことがあっても立ち直っていく心の強さ、優しさを身につけていくんです。

 

反対に、子どもの話を聞かずに親の意見ばかり募っていると、自分で考えない子を育て、子どもの責任をも奪うことになかねません。

 

子どもの幸せを願うなら、ぜひ「子どもの話を聞ける」親になりたいものです。



主役は「子ども」、親は思考の整理のお手伝い


とはいえ、親は子どものことを思うが故。

解決してあげたい思いが先走って聞けない時も出てきます。

 

そんな時は思い出してみてください。

 

子どもがモヤモヤを抱えた時。

話を聞くときの

主役は話し手の「子ども」

 

解決するのではなく

子どもが自分のモヤモヤを整理するのを手伝う

 

それでも…

 

あー、もっとこうすればいいのに…とイライラすることもあるでしょう。

 

そうしたら、また思い出してください。

 

解決するのは子ども自身。

親は思考の整理のお手伝い。

 

上手く聞けないと思ったときには何度だって思い返してください。

 

こんな思いで「聞く」ことが、子どもの思考を整理すると共に、親からの「信頼」と「大丈夫」のメッセージを伝えていきますからね。

 

子どもの話をもっと聞けるようになりたい!

そんなあなたを応援しています。

 

今度、子どもの話を聞くときには参考にしてみてください。




執筆者:生駒 章子(いこま しょうこ)
元ガミガミママ。当サイト「親の学校プロジェクト」の代表をやっています。
筆者・プロフィール
講演・執筆・取材の ご依頼

ダメな親なんていない!ただ、やり方を知らないだけ
子供に優しくなりたいすべての人へ
子供に優しくなりたいすべての人へ
お好きな方でご登録ください。月に1~2回程度の発行です。

公式LINE友だち追加で情報を受け取る

メルマガ親の学校通信で情報を受け取る