あなたの子育てに、きっと役立つ子育てコラム

主に、ブログ記事を再編集してお届けします。



子育てコラム⑬

頑張れ!受験生の母!どの高校に入るかより、いかによい状態で高校に通えるか


 数年前の一般の受講生さんから、高校受験をする息子さんの接し方に対する親の苦しい胸のうちをメールでいただきました。

その受講生さんへ返信したメッセージを編集し、受験生の母向けにコラムにしました。

ひとつの考え方の参考になれば嬉しく思います^^

 

 

 受験の中でも、高校受験は親子にとって試練の時

 

 

受験の中でも、高校受験は親子にとって試練の時

 

 

小学校受験や中学受験…

親の干渉が当たり前…という気持ちが親にも子どもにもあるもので。

子どもにとってガミガミとうるさい親は嫌だけれど…親に依存している部分もあるので、仕方がないと思いやすい。

 

大学受験…

親の小言の多くはもはや効力を持たない。

親も力ずくでやらせることは無理だと分かっている場合が多く、言うことを聞かない子どもを更に追い詰めることも高校受験よりは少なくなる。

 

高校受験…

中学3年生といえば「心身ともに大人と子どもの狭間」で一番多感な時期。

親にとっては「まだ言えば何とかなるんじゃないか」「力ずくでもやらせた方がいいんじゃないか」と干渉することに戸惑いながらも干渉を正当化できるギリギリの年齢。

干渉されたくない子どもと干渉を正当化する親。まさに親子の絆が壊れやすい時期だと感じます。

 

あまり言い過ぎても…と分かつていても…

受験に対してやる気のないように見える子どもを目の前にすると…言いたくなります(汗)

 

 我が子の受験期を思い出してみると

私もプレッシヤーをかけないように言わないようにと思いながらも…

さすがに二学期の中間テストの朝に学校に行きたくないと言われたときには、叫びながらわたしメッセージを繰り出したのを覚えています。

ここでこの子の人生のすべてが決まってしまう!!そんな錯覚におちいった瞬間だったかもしれません。

そのあと息子から出てきたのは…

 

「勉強する意味が分からない」

「今の時期、勉強より大切なものがあると思う」

「なんで高校に行かなきゃいけないの」

でした。

 

この時期に…この子は何を言ってるんだ…と絶望的に気持ちになりながら…

「もし将来なりたいものがあっても高校に行かないことで…」

と、お決まりの12の型(論理の展開)をしようとして…これじゃない!と思い、息子を見ました。

そして、その息子の態度を能動的に返してみると

「先生やママが言う<どうして高校に行くのか>なんて分かってるんだよね。でも、それでも高校にいく意味が分からないんだね」

という言葉になりました。息子は黙っていました。しばらくの沈黙のあと。

「大丈夫、高校は行くから」と。

それがまさに2年前のこの時期。

 

 どの高校に行くかより、いかによい状態で高校に通えるか

 

それ以降、受験まではほぼ口を挟まなかったと思いますが…

将来のことを真剣に考えるでもなく、とりあえず手近な高校への受験をこなした…というのが子どもへの印象でした。

受験はそこそこですが、親子の信頼関係が崩れるよりずっといい!と腹をくくっていたので、これでよし!と思え、親子で楽しく高校への準備をすることが出来ました。

 

そして高校入学。

実は、高校入学と同時に息子の中で将来に対する考え方が大きく変化します。

将来のビジョンを描き今やるべきことを見据え、現在では行きたい大学を決め、それに向かって勉強と部活を頑張る日々。

辛いこともあるようてすが、乗り越えて強くなってきています。

中学の時は嫌がっていた家族との食事も率先して行くようになりました。

 

そこで改めて思うのは…

どの高校に行くかより、いかによい状態で高校に通えるか。

の方がはるかに大切だということ。

 

極端な話、偏差値の高い高校に行っても、そこで頑張れなければ自尊心が傷つき、勉強にも身が入らずろくな大学にいけません。

例えフリースクールでも、頑張れば東大にだって入れる可能性があるのです。

 

中学生は多感な時期。

中学3年生は親が思うよりずーっと色々な事を考えています。

そして、親が不安なように子どもも不安の中にいます。

 

きっと、この不安が解消されるのは受験後。

親業の行動の四角形で整理すると、受験期、子どもは常に問題を抱えているということにもなり、良かれと思い発する親のアドバイスは自分を否定する言葉でしかないことにもなります。

さらに、親が問題を持つことも多いことを考えると、高校受験には、子どもに依存しない、親の自立も必要なのかもしれません。

 

受験は親も子も大変です…

でもちょっと立ち止まって

どの高校に入るかより、いかによい状態で高校に通えるかを意識してみてください。

 

将来、お子さんが生き生きと高校生活を送っていることを願っています。

頑張れ!受験生の母!

 






親の学校プロジェクト 通信♪
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール