あなたの子育てに、きっと役立つ子育てコラム

主に、ブログに掲載した記事を再編集してお届けします。 



親には3つの型がある! 子育てコラム⑤

親業の創案者トマス・ゴードン博士は、親の子どもに対する態度は、多くの人が、下の3つの型に分類されると言っています。 〈参考〉「親業」トマス・ゴードン著 大和書房

その3つとは ①「勝者型」 ②「敗者型」 ③「動揺型」



「勝者型」
親が子どもに対して、権力を振るうのを当然と思っている。
子どもに制限をもうけて、ある特定の行動をするように要求し、命令する。
子どもが親の言うことを聞かないと罰を与える。子どもが親の言うことを聞くように、罰を与えるぞという脅しを使う。
親の欲求と子どもの欲求がくいちがう場合、つねに親が勝って子どもが負ける形をとる。

「子どものため」
「子どもは本当はそういう親の権威を求めている」
「子どもがどう思おうと、ちゃんと教えることが親のつとめだ」
「親が一番分かっている」
などの考え方を持っている。

「敗者型」
子どもにかなりの自由を許している。子どもに対して、制限を設けることを意識的に避け、権威主義的な対応は子どもによくない!と主張する。
親の欲求と子どもの欲求がくいちがう場合、かなりの頻度で子どもが勝って親が負けている。

敗者型の親は、子どもに不満を残すことは子どもにとって良くないと考えている。


そして、親の中で、多分、一番多いのは…


「動揺型」
勝者型と敗者型、どちらかを一貫して使わず、双方を適当に調和させようとする。

子どもが小さな時は「勝者型」子どもが大きくなってくると言っても聞かないからと「敗者型」に以降することも。最初の子には「勝者型」下の子には「敗者型」のパターンもあり。

「子どもには出来る限り自由にさせたいけれど…放っておくと子どもがどこまでもエスカレート…もうこのままではダメだと思って厳しくしてみる…今度は厳格になりすぎて自分が嫌になり、子どもにもいい影響がないと思い自由にさせる…でも…」


さあ、あなたはこの3つの型に当てはまりましたか?
もちろん、当てはまらない!という方もいると思いますが、世の中の9割以上の親が、この3つの型のどれかで子どもに対応しているといわれています。そして…


「親が勝って子どもが負けるのか」

「子どもが勝って親が負けるのか」

そして、これこそが、子どもとのコミュニケーションに行き詰まりを感じる原因。

親として最大のジレンマ!


家庭内で必ず起こる、親と子の対立のさい、この二つのどちらかしか方法はないと思い込み、



親業ではこの二つのやり方以外で親子の対立を解く方法をお伝えします。

それを「勝負なし法」と呼んでいます。

じつは、会社をはじめとする多くの場所で、対立を解くために使われてきた方法
でも、これを親子の対立で使おうとする人は少ないのです…


親業講座では、この「勝負なし法」を親子の間で使えるよう学んでいきます。

そして、この「勝負なし法」で問題解決を成功させるには、親が子どもの話に耳を傾け自分の気持ちを素直に伝えるコミュニケーションが必要になってきます。

それは言い換えると、こどもの話に耳を傾ける、自分の気持ちを素直に伝えるコミュニケーションを学べば、3つの型以外の対応、「民主的な対応」で子どもに接する事が出来るということです。



子どもとの対応でモヤモヤが残っちゃうというあなた

勝つか負けるか、このジレンマで揺れ動いていませんか?





親の学校プロジェクト 通信♪
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール